社会人でも医学部受験

最新の医学部予備校情報まとめ

独学で医学部に編入できる?

独学で医学部に編入できる? 大学としては最難関の医学部においても編入学の制度が用意されています。
他の大学等で学んでいた方が医学を学びたいと思った際に非常に有益な制度だといえます。
入学試験については面接や口頭試問といった学力以外の側面も重視されますが、小論文などの形で医学に関する知識も問われます。
対策については自力で独学で行うことも不可能ではありませんが、独特の試験ですので、医学部受験を専門的に指導している予備校などで学習をしたほうが近道であろうと思われます。
実際、合格者の多くは予備校などで学び、受験に臨んでいます。
試験問題の傾向はそう変わるものではありませんので、専門家の知識は非常に貴重です。
また、専門家が作成している教材も非常に有益です。
経費負担があるので、難しい場合もあるかもしれませんが、積極的に利用することが推奨されます。
独学で学ぶのであれば、ネットオークションなどを活用して合格者が使用していた教材を購入すると良いでしょう。

医学部編入に社会人からチャレンジする場合。

医学部編入に社会人からチャレンジする場合。 医学部への編入を検討する場合、大人の出願や合格は可能なのかという問題があります。
この点、制度上は年齢制限に上限がありませんので、大人でも問題なく合格を狙うことはできます。
大きな懸案事項となるのが何歳くらいが目処になるかということです。
これについても制度上問題がない以上、30代や40代での合格も十分に考えられます。
実際、医学部編入を40代以降で実現している方もたくさんいますのでご安心ください。
ただし、合格するうえで重要なポイントとなることは年齢のハンデを感じさせないアピールができるかどうかです。
記憶力は加齢と共に低下してゆくため、学科試験では不利になる場合もあります。
医学部入学後は覚えることもたいへん多いですから、学科試験をいかに乗り越えるかがキーポイントとなります。
さらに、面接などで経験やチーム力、あるいは熱意をしっかりアピールすることも大切です。
例えば、社会人としてチームで大きな課題に取り組み成果を出した経験や、豊かなコミュニケーション能力をアピールできれば、年齢のハンデを跳ね返すことができるでしょう。
また、医療現場で働いた経験があったり、語学力が豊かであると有利になる場合もあります。

Copyright © 2018 社会人でも医学部受験 all rights reserved.