社会人でも医学部受験

医学部編入の難易度

医学部編入の難易度

医学部編入の難易度 医学部編入に関しては、一般入試での偏差値に該当する客観的な指標がありません。
従ってその難易度は、入学後に要求される学力レベルや、編入ならではの事情といった背景から探る事になります。
まず医学部に転部するという事は、実質的に他職種から医者への転身を図る事と同義である事を意識する必要があります。
故に面接や小論文の試験が課される事が多く、これをクリアするには少なくとも就職活動でも通じる程度の、高いレベルでの準備が要求されます。
そして学力に関してですが、少なくとも一般入試に合格出来る程のレベルは必須となります。
一般入試と比べるとセンター試験が必要ないといった相違から科目数は少ない可能性も高いですが、その分だけ厳選した学力レベルの要求となります。
特に英語については傾斜配点方式で重視される学校があり、大学生としては卓越したレベルを要求される可能性があります。
総じて難易度は高いものとして、受験の準備を行う必要があります。

学卒者の医学部への編入学と再受験とを比較する

学卒者の医学部への編入学と再受験とを比較する すでに大学をいったん卒業している人が医学部に入り直したい場合の手段にはいくつかあります。
たとえば医学部を再受験する場合には、現役の受験生と同様のプロセスとなりますので、センター試験と大学ごとの二次試験の両方を突破しなければなりません。
特に医学部志望の場合には、センター試験の必要科目数が多い上にささいなミスが許されず、ほとんど満点近くの点数を獲得しなければならないというハードルがあります。
いっぽうの編入学については、推薦状の提出などの条件が課される場合があるものの、試験に関しては生物・化学・物理などの生命科学の総合問題と英語、小論文、個別面談などにとどまるケースが多く、再受験の場合と比較すると、勉強をする上での負担はかなり軽減されているのが普通です。
ただし募集定員は再受験よりもかなり少なくなっているため、現役の学力がまだ維持できているのであれば再受験、すでに企業勤務などで逆に学力よりも経歴を生かせる立場にあるのであれば編入学を選択するなどの使い分けをするのがよいといえます。

Copyright © 2018 社会人でも医学部受験 all rights reserved.